おせち料理と言えば「祝い肴」

おせち料理は、「祝い肴」、「焼き肴」、「酢の物」、「煮物」のおもに計4種の料理で構成されます。

「祝い肴」に分類されるのは、黒豆、数の子、田作り、紅白かまぼこ、伊達巻、栗きんとんなど。

黒豆は、黒豆を甘く煮たもので、「まめ」というのはもともと「頑丈」、「健康」の意味を表すことから、「まめに働く」意味を込められていると言われています。

また、道教では黒い色が魔除けとされていたことからおせち料理に加えられるようになったとも…。

数の子は、ニシンの魚卵を漬けたもの。

「二親からたくさん子どもが生まれますように」と子孫繁栄の意味があります。

田作りは、イワシの稚魚を佃煮にしたもの。

昔、小魚をたんぼの肥料にしたら豊作になったことから五穀豊穣を願うためにおせち料理に入れられます。

紅白かまぼこは、ピンクと白の色合いで作られたかまぼこで、紅白の色は縁起が良くめでたいときに使われるため、また紅白かまぼこが初日の出の美しさを思わせることから使われています。

伊達巻は、もとは江戸時代に長崎で発祥した「カステラかまぼこ」。

卵を甘く焼いたものですね。

おせち料理の中でも華があることから、シャレ者の意味を持つ「伊達」という言葉が使われています。

また、見た目が書物にしていることから、学問や教養が身に着きますようにとの意味もあります。

栗きんとんは、栗を甘く煮た物で、その見た目から「財宝」に見立て、一年間豊かに暮らせますようにと願っておせちに入れられます。

祝い肴は、おせち料理の基本となるもので、他の重が準備できなければ、祝い肴だけでも良いと言われるほど。

他の重も準備する場合は、一の重に入れられます。

詳しいサイト⇒http://www.30mag.com/